ジュラシック・パーク



ストーリー

アリゾナの砂漠で恐竜の化石を発掘調査をしている二人の博士、アラン・グラント博士(サム・ニール)とエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)のもとに、大富豪のジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)がやってきました。

ハモンドは3年間の発掘費用を出すという条件に、自らが巨費を投じて創ったテーマパーク(ジュラシック・パーク)の視察を依頼します。

このジュラシック・パークは、ハモンドが研究者を集めて、化石化した琥珀の中の蚊から血液を取り出し、クローン恐竜を創り出した誰もが楽しめるテーマパークです。

視察には、弁護士のドナルド・ジェロナ、数学者のイアン・マルコム博士、ハモンドの2人の孫のレックスとティムが参加し、一行は2台の車に乗り込みパークツアーに出発しました。

ツアーの帰り道、パークの安全制御を担当していたネドリーの陰謀によりパークの電力が落ちてしまい、2台の車はティラノサウルスの柵の前で止まってしまいました。そこへ、ティラノサウルスが柵を破壊して現れ、グラント博士たちを襲います。

ジェロナは食べられ、マルコム博士は大けがを負い、グラント博士とハモンドの孫2人は柵の向こう側に落ちてしまいます。

動画視聴

DMM.com / prime video


レンタル

DMM.com